宝印刷60年の歩み

 «1952年~2012年»

HOME宝印刷60年の歩み

宝印刷60年の歩み «1952年~2012年»

宝印刷の歴史は、戦後の金融、証券界の動きとともにありました。
戦後復興のなか、経済活力を取り戻すために制定された証券取引法(現在の金融商品取引法)。
その4年後の1952年(昭和27年)に宝印刷の前身宝商会は、ディスクロージャー(情報開示)専門の印刷を手掛ける会社として産声をあげ、金融行政と企業活動との間で、日本初のフィナンシャル・プリンターとしての役割を担ってきたのです。
そして、日本の経済発展に歩調を合わせるかのように、宝印刷は確実に成長を遂げてきました。
創業から60年。時代は変っても、宝印刷のポリシーは変わりません。
「お客様のお役に立つディスクロージャー&IRのオンリーワン企業へ」―― 宝印刷は、さらにお客様に信頼される会社を目指し、心を新たにして次の半世紀に向かって歩み続けます。


ページ上部へ