SERVICEVDR(バーチャルデータルーム)

安心・安全なクラウド型のファイル共有サービスのご提供

VDRは2002年頃から普及してきたクラウド型サービスで、社内外の関係者と、より安全に重要な文書・ファイルを共有する為のサービスです。当初は、M&Aの資産査定(デューデリジェンス)の際の情報共有で利用されていましたが、昨今は、知的財産や設計データの共有、社外取締役との資料の共有など、様々な用途に利用が拡大しています。

MERRILL TAKARA

※メリルコーポレーション(Merrill Corporation)と業務提携契約を締結しています。

バーチャルデータルームの概略

バーチャルデータルームの概略

従来の方法とVDRの比較

  メール ファイル共有
サービス
VDR
誤送信の心配 × ○ ○
ファイル容量の制限 ×
(分割送付など)
△ ○
履歴管理 △
(送受信のみ)
△
(アクセス履歴のみ)

(ページ毎閲覧履歴)
レベル毎のアクセス制御 × △ ○
ファイルの変換作業(PDFなど) × × ○
スキャンした書面への文字情報付加(文字認識機能 OCR) × × ○
透かし文字の追加 × × ○
PCにデータを残さない × × ○
質疑応答のワークフロー機能 × × ○

VDRの活用例

M&Aにおける資産査定(デューデリジェンス)

  • 売却元の企業がターゲット事業の情報を買収先候補と共有、管理する際に利用
  • 某クラウド企業が中国事業を売却する際の情報共有、管理で利用

一般企業での社外取締役等との情報共有

  • メールで行っていた経営会議の資料等の社外取締役への配信をVDRに変更し、より安全な環境で情報共有を実現

海外進出でのジョイントベンチャー設立時

  • 某製造業が海外マーケットに参入する為、現地企業とジョイントベンチャーを設立。ジョイントベンチャー設立時の契約書や、その後の経営資料等の共有、管理に活用

不動産業や製造業での設計データなどの共有

  • 某建築業者がホテルや商業施設を建設する際、各施工業者に全体の設計データを渡すのではなく、担当分の設計図データのみに絞って情報提供、管理する際に利用
  • 某不動産業者が物件の写真や各種書類(鑑定書など)を関係者と共有、管理する為に利用

製薬業界での知的財産の情報共有

  • 某バイオ企業が、創薬の知的財産を大手製薬企業に売却(ライセンスアウト)する際、関係者間での情報共有、および質疑応答の管理に利用

メリルコーポレーション
アジアで20年以上にわたり活動しているMerrill Corporationは、M&AおよびIPO取引を行うアジア太平洋地域の企業にとって最も優れた選択肢です。

メリルコーポレーション
グローバルソリューション部
03-3971-3281 受付時間:平日9:00〜17:30